CHECK

耐震性をアップさせて災害に強い家に!リフォームでもできる地震に強い家づくりについて解説

こちらの記事では、万が一の地震に備えて、耐震リフォームを行うための基礎知識やお役立ち情報について紹介しています。
新築でないと対策ができないのではないかと思われがちですが、意外にも既存の建物でも弱い部分を補強することで災害に強い住宅に出来ます。
また、この改修によって住宅の資産価値もアップさせられるといったメリットについても詳しく解説しています。

耐震性をアップさせて災害に強い家に!リフォームでもできる地震に強い家づくりについて解説

近年は日本各地で大きな地震が頻発しており、今後マイホームに被害は及ばないか不安に思っているという方も少なくはないでしょう。
その中で意識が高まっているのが住宅の耐震性です。
耐震住宅にするには新築でなければ対応できないのではないかと思われがちですが、実は地震に耐え得るようにリフォームする事が出来ます。
弱い部分を補強することでより強度を持たせて、万が一地震の強い揺れが加わっても倒壊しないようにリフォームします。

断熱性アップのリフォームをするメリット

断熱性を高めるリフォームによって得られるメリットは、大きく分けて3つあります。
1つ目は冷暖房の効率が上がることです。
同じ室温でも、壁や床の表面温度によって4度ほど体感温度に差が生じるとされています。
断熱リフォームを行うと外気が室内に入り込みにくくなるほか、室内の温度も一定になります。
冷えや暑さを感じさせないような夏でも冬でも快適に過ごせる住まいが手に入るでしょう。
また、冷暖房効率の向上は電気代の節約にもつながります。
2つ目は家族の健康を守ることです。
冬の浴室と脱衣所など、急激な温度差が原因で身体に負担がかかって発症するヒートショックのような、健康面でのリスクを回避することが出来るでしょう。
3つ目は結露やカビの発生を抑えることです。
結露やカビが発生してしまう原因は、外部と室内の温度差だとされています。
温度差を緩和できるよう工夫しながらリフォームを実施すると、結露やカビを予防することが可能です。

リフォーム費用の耐用年数と減価償却

リフォーム費用の耐用年数は、資産を使える期間として国が定めた年数のことで、建物の構造で違い住宅用だと鉄筋コンクリート造は47年・木造や合成樹脂造は22年、木骨モルタル造は20年です。
また、減価償却は住宅などの資産は使い続けると価値が減少しますが、そのような資産の取得などにかかった費用を一括で経費としないで複数年にわたり分割で経費計上する仕組みです。
時間経過で価値が減少する建物・機械装置などが対象で土地や骨とう品などの価値が下がらないものは対象外です。
建物のリフォームをすると耐用年数が変わることもあり、傷の補修・クロスの貼り替えなど小規模なら必要ありません。
ただ、増改築・大規模なリノベーション・スケルトンなど建物価値が高くなる場合では新築と同じような減価償却を行う必要があります。
例えば築30年の鉄筋コンクリート造りの建物を全て改築した場合だと、費用は残りの17年ではなく新築と同じ47年となります。

暮らしやすさの幅を広げるリフォームの可能性

家庭やその生活スタイルによって、暮らしやすさの基準はそれぞれ異なります。
リフォームによって各家庭の暮らしやすさの可能性を広げるには、間取りを意識することが大事です。
子供が小さかったり夫婦が共働きだったりで忙しい場合は回遊性を意識しましょう。
たとえばLDKであれば、中央にキッチンを配して、色んな方向から配膳ができるようにするのが望ましいです。
洗面所や洗濯機のあるフロアに複数の箇所から入れるようにしておくことも、家事の効率アップに繋がります。
収納スペースは、生活動線の上や特定の行動に連動した場所に配置するのも良い方法です。
部屋から遠い階段の下に大きな収納を作るのではなく、浴室の前の空間にバス用品やタオルを収納できるようにします。
部屋の広さ・レイアウトだけでなく、縦の空間を意識することも大切です。
もし階段が全体的に暗いのであれば、天窓を設けるといった工夫をしましょう。
リフォームによる自然な採光で、快適さが向上する例です。

空間を上手に使うリフォームで収納力アップ

狭い住宅でも空間を上手に使うリフォームをすれば、収納力をアップさせることができます。
リフォームで増やせる収納はさまざまな部分があります。
狭い住宅であればデッドスペースになりやすい階段下がおすすめです。
掃除機などの掃除道具や物置に活用できます。
ただし、階段の形状によっては物を収めるスペースが少なくなってしまったり、入口が狭くなったり、天井が低くなるなど使い勝手が悪くなってしまうため注意します。
床下も使うことができます。
キッチン・洗面所・小上がりなどに設けることができます。
床下は冷たくて暗いため保存食などを保管するのに適しています。
戸建てなら点検口として使うことができ、普段使わない物を収納する場所として活用されることも多いです。
キッチンであれば缶詰や調味料の買い置き、使わないキッチンアイテムなどを入れられます。
洗面所なら洗剤・シャンプー・石鹸の詰め替え用のものなどを収められます。

リフォームに関する情報サイト
リフォームでもできる地震に強い家づくり

こちらの記事では、万が一の地震に備えて、耐震リフォームを行うための基礎知識やお役立ち情報について紹介しています。新築でないと対策ができないのではないかと思われがちですが、意外にも既存の建物でも弱い部分を補強することで災害に強い住宅に出来ます。また、この改修によって住宅の資産価値もアップさせられるといったメリットについても詳しく解説しています。

Search